最小のハイレゾ・リスニングプレイヤー Lotoo PAW Pico (Lotoo PAW Pico 購入編)

「好きな音楽を少しでも良い音で聴きたい」私もその口だ。

当然、ストリーミング・サービスなどに目もくれず。より良い音を求め。いわゆる沼にはまった。

さまざまなイヤホンを試し、気に入ったイヤホンを手にいれるとそれに見合った音楽プレイヤーを探す。

やっと、気に入ったイヤホンと音楽プレイヤーがみつかると、今度はそれを結ぶケーブルさがしとなる。

必死の思いで、ケーブルをみつける。良いケーブルは、イヤホンや音楽プレイヤーの音質的なアラを露呈させる。

イヤホンの音質が気になりだし、また、そのケーブルに見合ったイヤホンを探す。

以下ループ。

そんなわけで、「沼」と言われるのだろう。

とにかく、「好きな音楽を少しでも良い音で聴きたい」とすると前述したように、重たいプレイヤーやケーブルなど、いろんな装備を持ち歩くことになる。それぞれ、それなりの値段がするものばかりなので、いざ音楽を聞こうと思っても、恐れ多くてなかなか取り出せない。「もったいなくて、歩きながらとかもってのほか」ということにもなってくる。だんだん面倒で音楽を聞かなくなる という運用面でも、パラドックスを感じることになる。

そこに登場したのが、中国の業務用音響機器メーカー Lotoo の超小型ハイレゾプレイヤーだ。彼氏に嫌われたかも?

なにしろまず小さい3cm角くらいの目薬サイズだ。さらに価格も2万程度とお手軽だ。

これを1万程度のイヤホンと組み合わせて聴くと、それなりに良い音で、ちゃんとハイレゾを気軽に聴けるのだ。

重さも軽く、小さなリモコン程度の重さだ。なにしろ、外は騒音だらけだ。もともと良い音を聴ける環境でもない。ということに今更気づいた。あたりまえだ。さらにストリーミング・ミュージックをスマホで聴いても、そんなに大差ないことにさえ気づいた。

だから、みんなiPhoneと付属のイヤホンで聴いているのだ。

目の前にある不要になったホーたブルオーディオ機材の山を前に頭を抱えている。